やりたいことはどんどん変わってもいい

本のタイトル:かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方

著者:時田ひさ子


かくれ繊細さんに持ってほしい覚悟とは

かくれ繊細さんには 「やりたいこと」 を長い期間同じようには続けられない、とい覚悟を持っていただきたいです。

好奇心旺盛でたくさんのことに興味を持ち、なおかつある程度予測が立つと興味を失う (飽きるともいえる)特性を持っているからです。

やりたいことであっても、数か月から数年単位で切り替わっていくものだと、心得ておくことをおすすめしています。

常識にとらわれないで

ところが、ここで立ちはだかるのは 「やりたいことは、 一生 かけてするものだ」 という通説、 常識です。

かくれ繊細さん は、そもそもが常識から逸脱していることを自覚しており、 常識の枠に収まろうとしがちです。

長く続けることを度外視して、 やりたいことを転々とすることを自分に許すという覚悟が必要です。

感想

私は、たぶん飽き性で単純作業が苦手です。

今まで、飽きることさえも「なんで飽きてしまうんだろう?なんでできないんだろう?」と自分を否定していました。

冒頭の「長い時間同じようには続けられない」という文章をみて、謎が解けました❗

そういう特性なのだと理解しておくことが大切なんだと思いました。

そして常識の枠に収まろうとするというのも、当てはまります😲

だから、しんどいんだなと思いました。

続けられないのに、みんなは何も言わず続けているから、続けなければ。と思っていました。

でも、自分は自分ですよね😅

続けられないことを、無理して続けていたら、精神的に病んでしまう。

今この本に出合って、自分の特性を知ることができて、とてもラッキーだったと思います🌟


コメント

タイトルとURLをコピーしました