ありのままの自分を受け入れる


本のタイトル:できる人の人生のルール THE RULES OF LIFE

著者:リチャード テンプラー / 桜田 直美 訳

ただ受け入れる

ここで言いたいのは、「自分を愛しなさい」といったことではない。単純に「ただ受け入れる」ことから始めよう。

挫折から立ち直るのは難しいときもあるが、自分のダメな点を数え上げて、自分をみじめに思うことはもうやめにしよう。

自分をいじめてはいけない。その代わりに、ありのままの自分を受け入れよう。 あなたは今の時点で最善を尽くしている。そんな自分をほめてあげることを忘れないでほしい。そして前に進んでいこう。

感想

落ち込んだ時、ダメだったところを探して、「なんでこんなにできないのだろう」とみじめに思うこと、みなさんもありませんか?

私は、このパターンが多くて、この章が心に残りました。

ダメだったところを探して、改善する方向にもっていく。

これだけでいいのだろうと思いました。

自分を必要以上に責めてはいけない。

みなさんは自分を褒めていますか?

私は自分を褒めること、最近していないな。

失敗したときも、私のできることはやったと受け入れて、褒めることを忘れず生きていきたいと思いました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました